ハワイの基本情報③交通ルール

この記事は2分で読めます

ハワイの交通ルール歩行時
私は車を運転しませんので、注意するのは歩行時とか自転車に乗るとかなんですが、日本では違反行為ではなくてもハワイでは罰金になることもありますので注意が必要です。

道路を渡る時に大きなボタンがついた「押しボタン式」のものをよく見かけます。
こちらはとりあえず押してます(´∀`)
信号が手のマーク(赤)の場合は渡らない。これは日本でも赤は止まれですから止まりますね。
その後、手の横に数字がカウントダウンされます。
これはすでに横断歩道を渡り始めている人に対してなので、
カウントダウンが始まってから渡り始めると、赤信号で渡る事と同じ事なので警察官に見つかると罰金になってしまいます。
(信号を無視して赤信号で横断したり、横断歩道以外の場所を渡ったりすることを「Jaywalk/ジェイ・ウォーク」といい罰金の対象となります。)

歩きスマホで信号を渡ることも禁止されてます。こちらも罰金の対象となります。
(そういえばハワイでスマホをずっとみてる人を見かけない気がします。青い海や青い空があるからでしょうか(´∀`)

ハワイの交通ルール・自転車時
ハワイで観光地を自転車でまわりたいなとレンタサイクルを借りることもあるかと思いますが、乗るときは注意が必要です。

日本でも自転車に乗るときのルールはありますが、ハワイは結構厳しいルールがあります。
たとえば、ワイキキで歩道を自転車で走行するのは禁止されてます。
歩道を自転車で走っているのを警察官に見つかると罰金の対象です。
自転車は基本的に車と同じルールが適用されます。
ストップサインや徐行等の標識を見逃さないようにしましょう。
自転車の走行可能なバイクレーン(自転車専用レーン)がある場合はそちらを利用します。
車道を走る時は車の進行方向と同じように走行しないといけません。

などなど色々ありますので自転車を借りる場合は、ハワイの交通ルールを事前に確認してレンタルしたほうがよさそうですね。

最近ではワイキキ周辺にバイクシェア「biki/ビキ」ができてます。
bikiステーションにはたくさんの青い自転車が並んでいます。
その場所で、タッチパネルでプランを選び、クレジットカードで決済して自転車を借りることができるものです。(タッチパネルでは日本語も選べるようです)
bikiのステーションで借りて、移動して、bikiのステーションへ返すって感じです。
自転車を借りたら時間がドンドン経過するので、借りる前にパンクしてないか等の自転車の点検とか、どこへ行くか決めるとか、もろもろ確認決定してから借りたほうがよさそうです。

ハワイの交通ルールは日本と違うことが色々ありますので、
楽しい旅行のためにも、自転車を借りる場合はルールを知って事故や怪我のないように気をつけてくださいね。
私の場合は自転車で車道を走るなどはチョット怖いので、もっぱら歩行者です(´∀`)

ハワイの基本情報④ザ・バス

ではではまた~(o・・o)/マハロ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • gako
    • 2019年 7月18日

    海外へ行った時、
    特にアメリカやオーストラリアなど広い国で
    国際免許でレンタカーを借りて、
    あちこち効率的に観光する人がいますね。
    私はぜーんぜん自信がないので、
    レンタサイクルも怖くて乗れません。
    (日本でも自転車はムリ)
    でも法律がどうなのかは
    知っておく必要があると思います。
    横断歩道でスマホが禁止になったのは、
    ニュースで知りました。
    日本人向けの禁止条項?ですかね。
    日本国内でも歩きスマホ禁止にしてほしい!
    ハワイにスマホ、似合わないですねー。
    ハワイでは日常のあらゆるものから
    解放されたいですから。

    • satopugo
    • 2019年 7月18日

    せっかくのハワイですから満喫しないと
    スマホ見てたら景色を見逃しちゃいそうですよね。
    レンタサイクルもいいかな~って思いますけど
    海外の道路を車と一緒に走るのはチョット怖い気がします。
    知ってる日本の道なら平気なんですけどね(´∀`)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。