名古屋大須にある鳴門鯛焼本舗にたい焼きを買いに行ってきました。

この記事は2分で読めます

大須をぶらぶら歩いていたら
鯛焼き屋さんの前を通りかかりましたので
久しぶりに鯛焼きが食べたくなって購入しました。

大須の東仁王門通りにある「鳴門鯛焼本舗」というお店で、
関東、関西にはたくさんのお店がありますが、
名古屋のお店はここだけです。

このお店の前は通ったことがあって
たい焼き屋さんがあるな~と思っていましたが
今回初めて購入してみました(^_-)-☆

ぶらぶら中に地図を見つけたので撮影してみました。
星印あたりにお店があります。

ここのたい焼きは「天然たいやき」という
一匹ずつ丁寧に焼く「一丁焼き」という焼き上げ製法だそうです。
1丁が2キロもある焼型に生地と餡をのせ
火床の上でガチャガチャと移動させ
直火で丹精込めて焼き上げていきます。

鯛焼きしか見ていなかったので
焼いているところをじっくり見てこなかったです(;^_^A

「おしながき」がレジの上にありましたので
撮影させていただきました。
十勝産あずき 一匹200円+税
鳴門金時いも 一匹220円+税
アイスもなか 一ケ150円+税
アイスもなかあずき入り 一ケ180円+税

期間限定のプレミアムカスタードは一匹240円+税

ドリンクは飲んでいないのですが
ドリンクメニューは
ブレンドコーヒー、アメリカンコーヒー
カフェラテ、抹茶オレ、ストレートティ、ミルクティがあり
ホット・アイス100円+税、
サイズはわかりませんが100円とお安いので
次回試しに買ってみたいと思います( ´艸`)

アイスもなかを食べるかちょっと迷いましたが、
カスタード、鳴門金時いも、十勝産あずきを購入しました。
アイスもなかも捨てがたいですが、
今日は風も強く寒いので温かいものだけにしました(‘◇’)ゞ

こちらの3種類を購入、写真の紺色の文字のものは
入っていた袋で、袋の後ろ側に温め方が書いてありました。
美味しくいただいてから
鯛焼きの写真がなかったことに気が付きました( ;∀;)

中京テレビで放送している「前略、大徳さん」が
2018年に取材に来ていたようで壁にサインと写真がありました。

上にある地図の招き猫がこちらです( ´艸`)
「ふれあい広場」にある巨大招き猫ですが、
高さが2.2mと結構大きいw
時間になると男の子と女の子のからくり人形が
大須の案内をしてくれるそうですが残念ながら見たことがないです( ;∀;)

《鳴門鯛焼本舗》
住所:名古屋市中区大須3-43-4
営業時間:午前10時~午後10時
ウェブサイトはこちらです。

久しぶりにたい焼きを食べましたが、
ここのたい焼きは生地が薄めで餡がたっぷり入ってて
美味しかったです(^^♪
こんどはガチャガチャと移動させながら
焼いているところもしっかり見てきたいなと思いますw

内容は変更になる場合がありますのでご確認くださいね。
ではではまたマハロ~(@^^)/~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • gako
    • 2020年 3月25日

    ひとつずつ焼く一丁焼きの鯛焼き!
    名前は聞いたことがありますが、
    名古屋で焼いているお店があるのは知らなかった。
    天然もの、なんですね。
    じゃあ、何匹かいっぺんに焼くのは養殖もの?
    味に違いがあるのでしょうか。
    焼き目が違うとか風味が違うとか。
    私はカスタードを食べてみたいです。
    あんことカスタードのハーフ、がベストかな。
    じゃあ両方買って下さい、って話ですね。

    • satopugo
    • 2020年 3月26日

    皮が薄くてしっかりした感じで
    餡が多めでした(#^.^#)
    養殖w一度に焼くからそんな感じでしょうかねw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。