誕生日のケーキを買いに名鉄百貨店に行ってきました(#^.^#)

この記事は2分で読めます

誕生日の本人希望で名鉄百貨店で開催される
福井県の観光物産展で販売される
スイーツが食べたいとのことだったので、
名古屋駅にある名鉄百貨店に行ってきました。

出かけたのは昨日2月23日ですが、
希望の福井県の観光物産展は
2021年2月24(水曜日)~2021年3月2日(火曜日)だったので
まだ開催されていなかったんですよね~( ;∀;)

広告で見たってことでお出かけしたんですが
日にちを間違えて行ってしまったってことですね( ´艸`)
なので名鉄百貨店でケーキを購入して帰ることにして
本館の地下にあるスイーツステーションへ。

ケーキのお店をグルっと見てまわり、
「ユーハイム・ディー・マイスター」で購入することにしました。

ショーケースには美味しそうなケーキがたくさん並んでいます。
カスタードプリン、ダブルシュークリーム、アップルパイ(紅玉)
とくにアップルパイはテカリ具合が半端なくてめっちゃ誘われましたw

ガートーショコラ、ショートケーキ、フロッケンザーネトルテ、
モンブラン、練乳いちごのモンブラン

購入したのはこちらです。ほとんどの種類を購入しちゃいましたw

3月4日はバウムクーヘンの日とあったので
バウムクーヘン好きとしては忘れないようにしないとなので
こちらも最後に撮影しましたw

私が食べたのはフロッケンザーネトルテ、
コクのある生クリームとシュー生地を重ねたケーキだそうです。
フォークで切るとつぶれるので食べにくさはありましたが
美味しくいただきました(#^.^#)
アップルパイはとりあえず冷凍保存しております。
最近食べ過ぎ感が半端ないのでチョットだけ調整中w

ちなみに、
juchheim / ユーハイムと読むんですね。
カタカナで覚えていたので、今回初めて知りました。
ということで、チョット調べてみました。

創業者はカール・ユーハイム
1909年ドイツから中国の青島へ渡り
「ジータス&ラインベック菓子店」を譲り受けて独立
1913年「菓子・喫茶の店ユーハイム」をオープン
1919年日本に捕虜として連れてこられたカール・ユーハイム
   広島県物産陳列館で日本で初めてバウムクーヘンを焼く
1922年横浜で日本における1号店
   「E・ユーハイム」をオープン

など、始まりを書いてみましたが
日本のバウムクーヘン物語なのかと思っていましたが
ドイツ人のカール・ユーハイムさんが
創業されたお店だったんですね。
詳しく知りたいかたはユーハイムのサイトに歴史があります(#^.^#)

NHKでも「歴史秘話ヒストリア」で2010年に
焼け跡とバウムクーヘン~あるドイツ人夫妻の苦難と愛~
という内容で放送されたことがあるようです。

ではではまたマハロ(@^^)/~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。