ホノルルにあるアリイオラニ・ハレはどんな所?

この記事は2分で読めます

《アリイオラニ・ハレ》はハワイ州ホノルルのダウンタウンにある建物で、
目の前には、カメハメハ大王像がありますっていうとあの建物ね~って思う人がたくさんいらっしゃると思います。

すごく立派な建物で、カメハメハ大王像を撮るとバックに風景として撮影されている有名な建物ですね(#^.^#)

こちらの建物はハワイファイブオーっていうテレビドラマのロケ地でもあるんですが、ファイブオーの本部としてこの場所が出てくるんです。
(Hawaii five-0はハワイの風景をたくさんみせてくれる刑事ドラマっていう感じですかね~(^_-)-☆)

アリイオラニ・ハレは、ハワイ語で「崇高な王族の家」
オリイオラニはカメハメハ5世のハワイアンネームのひとつなのだそうです。

イオラニ宮殿が今建っている敷地に木造の宮殿がありましたが、老朽化のため、カメハメハ5世の宮殿としてアリイオラニ・ハレが設計されました。

しかし、カメハメハ5世が、「今、王国に必要なのは私の家ではなく、王国政府の建物である」と提言したことから、宮殿用の設計図のまま、宮殿の向かいに庁舎をたてることになり、1872年に着工式がおこなわれました。

ところが、カメハメハ5世は庁舎が完成する前に亡くなり、ルナリロ王の時世を経てカラカウア王の時代に完成し、1874年4月末、カラカウア王が庁舎の開館を宣言し、カメハメハ5世にちなみアリイオラニ・ハレと命名されました。

その後国会議事堂や裁判所などとして使用、法律図書館や教育、保健、財政関係などの政府機関も設置されていました。
芸術を愛したカラカウア王がアーティストたちを支援する目的でアトリエスペースが併設されていたこともありました。

現在アリイオラニ・ハレは2階にハワイ州最高裁判所、1階には州の司法歴史センターなどがあり、一般公開されています。
歴史センターでは写真やイラスト、展示物で、古代からの司法システムの移り変わりをわかりやすく解説されているそうです。

《アリイオラニ・ハレ》
場所:417 South King St.Honolulu
開館時間:午前8時~午後4時
休館:土曜日・日曜日・祝日
入館料:無料

カメハメハ大王像はハワイに行く人なら、一度は行く場所ですが、その後ろの建物は今まで名前を知らなかったので(なんだか申し訳ない気持ちで一杯です)
今回知ることができてよかったなと思いました。
こちらは無料ですので大王像を撮影した後に、見学できそうですね(#^.^#)
入り口にはセキュリティがいて簡単な手荷物検査があるようです。

ではではまたマハロ~(@^^)/~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • gako
    • 2019年 11月1日

    カメハメハ王の銅像の前で、
    写真を撮った話は前にコメントしましたが、
    その後ろの立派な建物の名前が、
    今回ご紹介いただいた「アリイオラニ・ハレ」なんですね。
    最高裁判所だというのは知っていましたが、
    名前は知りませんでした。
    歴史が好きなんて言ってはダメですね〜、反省。
    やはりここも行ったことはないので
    (正確に言うと入ったことはない、です)
    次回は要チェック‼️
    またまた行かなくては〜と言う場所が
    増えてしまいました。

    • satopugo
    • 2019年 11月1日

    行ったことない、入ったことがない場所って結構ありますよね
    行きたい場所がたくさんあると次回にしようと思いながら
    なかなか行けずにいます(>_<)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。